Case. 8

オートクチュールは
敷居が高いと思っていた。
そんな私たちだからこそ
マッチしたと思います。

ウェディングリングはこれからの長い人生、それこそ一生を共にするアイテムなので、自分が身に着けて心地良い、愛着の持てるものを選びたいとふたりで決めておりました。
それだけにリング選びには時間をかけましたが、なかなか「決定打」に巡り会えず、「そろそろ決めないと間に合わない」挙式が3ヵ月前に迫る頃、LUCIEのショップを訪れました。


リングデザインの知識がない私たちにとって「オートクチュール」で作るオーダーリングは敷居の高いものと思っていましたが、LUCIEのオーダーシステムはそんな私たちだからこそマッチしていたと思います。

スタッフの方に自分たちの漠然としたイメージを伝えただけで、その場ですらすらとアイデアスケッチを描いていただいたときはちょっぴり感動を覚えました。
デザインだけでなく、装着感の良さやプラチナ品質の高さ、なによりも担当スタッフの方の親切な対応に魅かれ、自然な気持ちで「LUCIEさんにお願いしよう」と決めました。


その後、細かいデザインを打ち合わせたり、ワックス原型と呼ばれる鋳造前段階の蝋製のリングを見せていただいたり、リング作りに自分たちも参加している、という実感が得られ、仕上がりがとても楽しみになりました。
その分、納期は約2ヵ月と、通常のデザインリングよりも時間がかかりますが、一生に一度に相応しい素敵な体験ができ、挙式の思い出とともに大切な宝物を手に入れたと思っております。
本当にありがとうございました。

ルシエの婚約指輪・結婚指輪