Case. 38

これだ!と思えるデザインに出会えず
再度LUCIEを訪れました。
すべて叶えた「Only One」の指輪。

ウェディングリングを選ぶ時のコンセプトは、エンゲージリングと重ね着けができることでした。


エンゲージリングをLUCIEで購入していた私たちは、ウェディングリングもまずはLUCIEでと思い相談に訪れました。
その後も一生身につけるものだから妥協はしたくない、という想いで数多くのジュエリーショップをまわりましたが、好みの違うふたりが納得出来る「これだ!」と思えるデザインに中々出会えず、再度LUCIEを訪れました。


最初に担当してくださった方が、「LUCIEのオートクチュール以上にお二人に合うものなかなかないと思います」と笑いながら話していたことを思い出しました。

LUCIEへ戻ると、エンゲージリングを購入した際の担当スタッフの方が、私たちのイメージを汲み取ってすぐにデッサンを描いてくれました。
それは、ふたりがそれぞれ求めていたリングの太さの違いや、ここはこうしたいなど、私たちのわがままを細部まですべて受け入れたデザインでした。


おかげで、ふたりにとって「Only One」で、納得出来る指輪が完成しました。
完成までは3ヵ月の時間が必要でしたが、エンゲージリングとぴったり合うデザインのウェディングリングに大満足です。

ルシエの婚約指輪・結婚指輪