私たちがであったのは10年程前。
最初の印象はうすく、あまり覚えていないほどだけど、
偶然なのか必然なのか、時を重ね結婚することに。

「婚約指輪はいらない。」と言っていた私は
2人で結婚指輪を見に行くことにしました。
雑誌で見た中から気に入ったデザインを2軒選びお店へ。
そのうちの1軒がルシエでした。

指輪の知識もなくドキドキしている私たちに、オートクチュールコンサルタントさんは、優しく、わかりやすく説明をしてくれ、さらに、どんなデザインがいいのか、自分たち自身も知らなかった指輪への思いまで引き出してくれました。

彼は太めのデザインが好み。私は細いものが好み。
だけどお揃いの雰囲気を出したい!
というわがままな希望。
その思いを聞きながら、その場でスラスラとデザイナーさんが、指輪のデザインを描いていきます。


出来上がったデザインを見て、私たちはすぐに「これだ!」と決めてしまいました。
自分たちでもびっくりするぐらいの即決。それから指輪が出来上がるまでの数か月はドキドキ・ワクワクしていました。

そんな中、友人がサプライズでプロポーズされたことを聞き、プロポーズをしてもらっていなかった私は彼にも「いいね」と話していました。

その話から一カ月ほどたった彼の誕生日、「結婚してください」と彼からのプロポーズがありました。
なんとその婚約指輪はルシエで、私に内緒で頼んでいたもの。ふたりで結婚指輪の打ち合わせに行ったときも、何も言わずにオートクチュールコンサルタントさんと一緒にサプライズを仕掛けてくれていたのです。

本当に驚いたのと同時に、一緒になって考えてくれたルシエの皆さんに、心から感謝です。
これからもずっと、ルシエのお世話になりたいと思った出来事でした。