Case. 23

LUCIEが好きすぎて、何度もお店へ。
好みの違いに気づいたデザイナーさんが
描いてくれた素敵なリングに感謝です。

LUCIEと私達との出会い…それは私がゼクシィに掲載されていたリングに一目惚れしたことがきっかけでした。


憧れの婚約指輪は大好きなブルーを使ったデザインがいいと以前から思っていた私は、カタログやHPを見ながら希望のデザインを探していました。
そんな時、LUCIEの「マリーン」と「ドルフィン」というリングに出逢いました。まさに私が思い描いていた通りのリング!「これだっ!」と思いふたりで来店しました。


ジュエリーショップというと敷居が高いイメージがあり、最初はとても緊張しましたが、明るく親切なスタッフの方ばかりだったので、とてもリラックスしてお話しすることができました。


話をする中で私が一目惚れしたデザインと、彼が気に入ったデザインが違うことにデザイナーさんが気づき、目の前でふたつのデザインが見事にマッチした、さらに素敵なリングを描いてくれました。

しかし、一生の宝物を即決してしまうことに迷いもあり、他のジュエリーショップにも行ってみたいということを伝え、他店も見に行きました。
けれど、どのリングを見ても惹かれるものがなく、LUCIEのリングへの思いがますます強くなるばかり。「やっぱり私達の目に狂いはなかった!」という結論に至り、LUCIEにお願いすることを決めました。


また、LUCIEの魅力として忘れられないのがスタッフの方の接客です。
私はLUCIEが好きすぎて、打ち合わせ以外にも何度かお店を訪れたのですが、そんな時でも笑顔で対応して下さり、本当に楽しい時間を過ごすことができました。


ふたりの想いと、スタッフみなさんの心が詰まったリングは、いつも、いつまでも身につけていたくなる、素敵なリングに仕上がりました。
今後私達ふたりの人生の中で、ジュエリーを贈る機会があれば、是非またLUCIEにお願いしたいね!と話しています。


素敵なリングと幸せな時間をどうもありがとうございました。

ルシエの婚約指輪・結婚指輪